私の秘密の変態趣味

彼氏から寝取られセックスをお願いされて目覚めた趣味

こんにちは。

YUIです。
 
 

今世界中でコロナウィルスが蔓延して大変なことになっていますね。
 
 

このコロナの影響で私もいろんな男性とのセックスが楽しめていないので、ちょっとフラストレーションの溜まる毎日を送っています。
 
 

こんな状況ではやっぱりオナニーです。
 
 

オナニーなら一人で部屋でできますもんね。
 
 

多くの男性たちにビーチで裸を見られる妄想をしながらオナニーしています。
 
 

ただ、私もいつもオナニーばかりなので、早く外で裸になりたいなって思います。
 
 

今は家の中ばかりなので、コロナも早く収束して、私は早くヌーディストビーチで、外で丸裸で過ごしたいなって考えています。
 
 

さて、今日はセックスについてのお話をすることにしましょう。
 
 

私はこのブログでも常に言っていますが、とにかくセックスが大好きでいろんな男性とのセックスを毎日のように楽しんでいます。
 
 

そんなセックスが大好きな私が一番驚いた経験を告白しようと思います。
 
 

それは寝取られセックスというものです。
 
 

聞いたことありませんか??
 
 

この寝取られセックスは私たち女性ではあまり理解できないことなんですが、ある一部の男性の間で、思いを寄せる女性が別の男性に抱かれるところを見て、異常なまでの性的興奮を味わうことが流行っているようです。
 
 

というか、そういう性癖の男性がけっこういらっしゃるようです。
 
 

最初、私がこの話を聞いたころはまったく理解できませんでしたが、一度彼氏から説得されてやってみたときに彼氏がとても興奮して喜んでくれたのです。
 
 

その時の様子です。
 
 

私が彼氏とセックスをしたあと、彼氏があることを切り出してきました。
 
 

それが寝取られセックスだったのです。
 
 

正直、私は一瞬戸惑いましたが、最近彼氏とのセックスがマンネリ化していたこともありましたし、別の男性のチンポが恋しくなっていたので、ゴムを着けて彼氏同伴という条件で、別の男性とのセックスをしようと思いました。
 
 

彼氏はとても興奮していました。
 
 

なんでも、自分の愛する女性が他の男性のチンポを咥えて喜んでいる姿にとても興奮するというのです。
 
 

普通ではないと思っていたのですが、意外にもその寝取られ関係の動画も多かったし、そんな趣味の男性って多いんだなって初めて知りました。
 
 

さて、そんな寝取られセックスですが、彼氏が会員になっている「〇ンネット」というサイトで彼氏が募集するというものでした。
 
 

自分で言うのもなんですが私って実は変態女なんです。
 
 

なので、イケメンというよりは、デブの頭髪の薄いモテなさそうな男性で、そして、盛りのついたオス犬のように私の体をむさぼるようなセックスが好きなので、彼氏にそういう男性を要望しました。
 
 

なぜ私がそういう男性が好きかというと、セックスを一生懸命してくれる人が多いからなんです。
 
 

だって、自分の体を鼻息荒く求めてきて、おまけにチンポをギンギンに勃起させてくれると女としてこれ以上の幸せってありませんよね。
 
 

なので、イケメンでスマートなセックスというより、いわゆるキモい男性のほうが大好きなんです。
 
 

彼氏はとても興奮した様子で声と指が少し震えていて、ジーンズの上からでもわかるように明らかにチンポが勃起していました。
 
 

彼氏も相当なMの気質を持っていて、そういうキモい親父に私がスケベな声を出しながらヤラれている姿を見たかったそうです。
 
 

最初、気を遣いましたが、私が変態親父とのセックスで感じている姿を見て彼氏が興奮するのなら、私も存分に気持ちよくなろうと決心し、相手が早く決まらないかなって楽しみにしていました。
 
 

そして、ついに彼氏が募集し、2人の応募があり、相手を決めました。
 
 

その男性はハゲていて、サイドに少し毛が残っている程度で、それから色白の太った眼鏡をかけた40代半ばの独身サラリーマンでした。
 
 

これまであまり女性とお付き合いしたことがなく、セックスもほとんどしたことがないほぼ童貞のようでした。
 
 

趣味と言えば、アダルト動画を見ながらオナニーしたり、風俗に通うことだというのです。
 
 

一般の女性からすれば魅力はほぼないかもしれないけど、私にとってはこれ以上ない男性だと思いました。
 
 

その男性にチンポを押し付けられるところを想像しただけで、私のマンコはヌレヌレでした。
 
 

そして、さっそく彼氏がその男性と連絡を取り、いよいよ会うことになりました。
 
 

私はその日は勝負下着で、赤色のスケスケのTバックとガーターベルト、そして、メッシュのストッキングをはいて、ミニスカートに薄いブラウスに胸元を開けて、谷間強調しました。
 
 

ブラウスからも赤い色のブラジャーが丸見え状態で、彼氏も、
 
 

こんなにエロいYUIがいよいよキモ男に抱かれながらイキまくるんだね
 
 

と興奮を隠せないようでした。
 
 

それから都内の渋谷の某所で夕方に待ち合わせすることとし、到着したところ、それっぽい男性を発見しました。
 
 

その男性はグレーのスウェット上下に黒い帽子をかぶり、眼鏡をかけていました。
 
 

そして、彼氏がその男性に声をかけました。
 
 

「Kさんですか??」
 
 

「はい。初めまして。Kと申します。」
 
 

その男性の名前はKさんで、とても緊張した感じでしたがとても礼儀正しくて好感が持てました。
 
 

私がこういう男性が好きな理由としてもう一つ。
 
 

若いころに勉強ばかりしていたっぽい人は中年になって変態な趣味に目覚めることが多いんです。
 
 

しかも、そういう男性は社会的地位の高い仕事をされていることも多く、礼儀正しくて優しい場合がほとんどです。
 
 

私も以前出会い系をしていたころはチャラいイケメン男性より、こういうキモイ系の男性とよくセックスしていました。
 
 

そして、彼氏が私を紹介しました。
 
 

「Kさん。こちらが私の彼女のYUIです。今日は存分に楽しませてやってください。」
 
 

私はKさんに10センチくらいのところまで近寄り、香水のにおいと吐息が感じられる距離であいさつしました。
 
 

「こんにちは。Kさん。今日はよろしくお願いします♡」
 
 

と言ってお辞儀し、胸元をバッチリ見せつけてみると、明らかにKさんの視線は私の胸を見ていました。
 
 

「YUIさん、初めまして。Kと言います。こんなに綺麗な方なのでビックリしました。」
 
 

Kさんも挨拶しましたが明らかに勃起していました。スウェットなのですぐにわかりました。
 
 

それから少々打ち解けてきて、私とKさんの距離はグッと近づきました。
 
 

すると、彼氏は少し離れた距離でにやっと笑っていました。
 
 

それから、まずはカフェでお互いの話をしようということで自己紹介等しました。
 
 

Kさんには遠慮せずに変態な趣味をすべてカミングアウトしてくださいとお願いしたら、全部話してくれました。
 
 

「僕は素人童貞で風俗でしか女性の体を触ったことがありません。なのでアダルト動画見ながらオナホールを使ってオナニーするのが趣味なんです。」
 
 

私もアダルト動画オナニーが大好きなのでその趣味を話すととても興奮してKさんの鼻息は徐々に荒くなっていきました。
 
 

それから私もいつもバイブを持ち歩いているという話をして、公衆トイレでバイブオナニーやディルドをしゃぶっているという話をしたら、我慢できなくなってきたようでした。
 
 

そこで、私の彼氏が、「そろそろお二人ともガマンできなくなってきたようですね。ホテルに行きませんか。」と切り出しホテルへ向かうこととしました。
 
 

彼氏のチンポも膨れ上がり、Kさんは勃起だけじゃなく、もう我慢汁がスウェットに浸みていて、チンポの先っちょがべっちょりしているのがすぐにわかりました。
 
 

そして、私もおまんこから熱い液があふれてきていて、早くKさんとセックスしたいと思うようになりました。
 
 

ホテルの部屋に着くと、彼氏は、
 
 

「僕はそこの角のところで見ています。二人とも遠慮なくセックスしてください。特にKさん。YUIはすごい変態女です。存分に気持ちよくしてやってください。」
 
 

というので、私はKさんに、
 
 

「Kさん、私はKさんのような男性が大好きです。いっぱい気持ちよくなりましょうね♡」
 
 

と言うと、彼氏は「YUI、今日はたくさんKさんを愛してあげて。僕とのセックスでは見せたことがないドスケベな姿を見せてね。」とハアハア言いながら裸になり、もう勃起していました。
 
 

それから、私はシャワーを浴びるためにスカートとブラウスを脱ぎ、Kさんに下着姿を見せつけると、
 
 

「えへへ♡YUIさん、きれいですね。早くおまんこ舐めたいです。僕も脱ぎますよ~。びっくりしないでくださいね~ん。」
 
 

そして、Kさんがスウェットの上着とTシャツを脱ぐと、だらしない腹がだるんと顔を出しました。
 
 

それから、驚いたのが次の瞬間でした。
 
 

スウェットのズボンを脱ぐと、Kさんは女性用の赤色のTバックパンティを穿いていたのです。
 
 

もちろんKさんの勃起チンポは女性用パンティに収まることもなく、元気な陰茎はパンティから顔を出しながら、我慢汁でびしょ濡れになっていました。
 
 

「YUIさん、さっき言うのためらいましたけど、僕の変態の趣味で驚く女性の顔が僕にとって最高のオナニーのオカズなんです。えへへ。どうですか?変態の僕。えへへ。女のパンティ、最高ですぅ~♡」
 
 

と気持ち悪い笑顔を浮かべていましたが、私は、「これからこんな変態キモ親父に私はヤラれるんだわ。最高・・・♡」とおまんこがさらにヌルヌルになりました。
 
 

それを見ていた彼氏も、「あ~、僕のYUIが~、こんな変態親父に~・・・えへへ。」っていう気持ち悪い笑顔を浮かべ、チンポをしごいていました。
 
 

そして、私は笑顔でKさんに、「あら~Kさん。よくお似合いよ。勃起チンポはみ出してるじゃない?いけない子ね。変態さんかしら?」と言うと、Kさんは、
 
 

「YUIさん、僕変態なんですよぉ~。もっと言ってください。」と言って、勃起チンポをしごいていました。
 
 

そして、私も興奮してきたので、私はパンティを脱ぎ、Kさんに渡すと、そのパンティを顔中にこすりまくり、「あぁ~YUIさんの匂いがする~♡ハァハァ・・・」と言って匂いを嗅ぎながらチンポをしごいていました。
 
 

それを見て興奮した私は、私の中指でクリトリスをいじりながらKさんにオマンコを見せつけてやりました。
 
 

「Kさ~ん、見て~ん♡私のおまんこヌレヌレなのぉ~。Kさんのチンポ欲しいわ~。彼氏のチンポより好きかも~♡」
 
 

と言って彼氏を見ると、動画を撮りながらチンポをギンギンに勃起させていました。
 
 

それから私はシャワーを浴びに行くと、彼氏に指図されたのかバスルームにKさんが入ってきたのがわかりました。
 
 

Kさんは私のお尻にギンギンに勃起したチンポを押し付けてきて、
 
 

「えへへへ、YUIさ~ん♡チンポが勃起してるのわかりますか~。このチンポあとでいっぱい舐めさせてあげますよぉ~」
 
 

と耳元でささやきながら、チンポをこすり付けながら、後ろから私のビンビンに勃起した乳首に両手を回し、指先でこねくり回していました。
 
 

私は、「あん♡、Kさんったらエッチなのね~ん♡もっと、チンポこすり付けて~ん♡」とお願いし、そのまましばらくスケベな声を外にいる彼氏に聞かせてあげました。
 
 

そして、シャワーを浴び終わり、ベッドルームに戻った私たちは彼氏に見せつけるように抱き合いながらキスをし、「愛してるわ♡」と言いました。
 
 

我慢できなくなったKさんは私に覆いかぶさり、「YUIさん、愛してる♡」と言いながら、私のヌルヌルマンコを舐めまわし始めました。
 
 

私はKさんの犬のような舌使いのクンニで感じ始め、「Kさん、いい!いいわぁ~!!もっと舐めて~ん♡愛してるわ。Kさん、世界で一番愛してるわ♡」と言いながら本当に感じまくっていました。
 
 

それからKさんは仰向けの私に覆いかぶさり、汗まみれの顔を私に近づけ、濃厚なディープキスをしました。
 
 

Kさんのだらしないタプタプの体を私の体に密着させ、つんとするような匂いの脂汗で体がヌルヌルしているのがよくわかりました。
 
 

Kさんの舌使いはとっても卑猥で、「あぁ~、YUIさん。好きだ~。愛してる~・・。う~ん・・(べちょべちょ)」と言いながら、私の舌に絡ませていました。
 
 

私もそれに応えるように、自ら舌を伸ばし、Kさんのくさい口臭を嗅ぎながら、Kさんの舌を舐めまわし、吸ったりし愛し合いました。
 
 

「Kさん、世界一愛してるわ♡ Kさんのチンポはあの人のチンポよりいいわぁ~♡」
 
 

それから、Kさんのチンポを私は得意のフェラで舐めまわしてあげると、「YUIさん、イキそう・・・。」というので、焦らしながら発射まではさせませんでした。
 
 

そして、二人で彼氏に見せつけるようにシックスナインをして見せ、お互いのスケベなチンポとマンコを舐めまわして、エッチな声を部屋中に響かせました。
 
 

彼氏のオナニーも激しさを増してきているのがよくわかりました。
 
 

時折、「YUI、Kさんのチンポどうだ?」って聞くので、「あなたのチンポよりいいかも♡クセになりそうだわ♡」と言ってあげるともっと喜んでくれました。
 
 

そして、Kさんは私の卑猥な乳首を粘り気のある匂いのきつい唾液でベトベトにしながら、まるで獣が骨にしゃぶりつくかのような勢いで舐めまわしました。
 
 

私のぷっくり膨れた500円玉程度の乳輪の黒い乳首は敏感になっており、Kさんのハゲ頭の加齢臭の匂いを嗅ぎながら、卑猥な喘ぎ声を彼氏に届けていました。
 
 

そして、Kさんの太くて不器用そうな右手の指が私の秘密の花園へ回り、クリトリスをこねくり回すのでした。
 
 

「Kさ~ん♡もっとこねくり回してぇ~ん♡スケベなYUIをもっと気持ちよくして~ん♡世界一愛しているわ♡」
 
 

童貞とは思えないこねくり回しで私は不覚にもクリイキしてしまいました。
 
 

「あぁぁぁぁぁ~ん・・・いぃぃ~ん♡早く入れてぇぇぇ~ん・・・あん♡」
 
 

それから、Kさんは、「もう我慢できません。YUIさん、僕のチンポ、YUIさんのヌルヌルマンコに入れさせてください♡」と言ってきたので、私も、
 
 

「Kさんの素敵な勃起チンポ、YUIのドスケベマンコに入れてぇ~ん♡お願~い♡」と私はKさんのチンポの虜になってしまい、早く入れてほしくてたまりませんでした。
 
 

その様子を彼氏はもう興奮度マックスの状態でオナニーしながら、「あ~、僕のYUIのまんこがキモイ変態親父のものに~・・・。」と言っていて、その後、また、彼氏は、
 
 

「YUI~、後でいいから僕にも入れさせてください♡」
 
 

とか言ってきましたが、私は、
 
 

それはイヤよぉ~♡あたしはKさんのチンポを楽しんでいるのよぉ~♡あなたのチンポは今いらないわぁ~♡そこでオナニーはさせてあげるけどね♡さあ、Kさん惨めな男にオナニーのおかずを見せてあげましょう♡
 
 

と言うと、彼氏は、「あぁ~、僕のYUIが変態親父に奪われたぁ~♡快感♡」と言いながらオナニーしていました。
 
 

それから、私のまんこにKさんのチンポが立ちバックの体位で入ってきました。
 
 

「YUIさんのオマンコ、温かくて最高です♡どうですか僕のチンポは?」
 
 

「最高よぉ~ん♡愛しているわ♡」
 
 

私のマンコはいつもセックスやバイブオナニーのせいですごくゆるゆるなのですが、Kさんの猛り狂った勃起チンポはそこらへんのディルドよりたくましく、本当に彼氏より気持ちよかったのです。
 
 

その後は激しいピストンの後、Kさんのねっちょり精液が私のマンコ内に注ぎ込まれました。(コンドームしてましたけどね。)
 
 

そして、彼氏が出てきて、「Kさん、ありがとうございました。YUIも満足そうにしていましたし、僕も満足です。」と言うと、Kさんは、
 
 

「YUIさん、最高ですね、うへへ。それにしてもYUIさんって本当にスケベですね♡また、やりたいです♡」と言っていたので、実はこのKさんとは今もセフレの関係で彼氏公認で毎日のようにセックスしています。
 
 

彼氏もこの関係は認めてくれており、彼氏が仕事から帰ってきても、先にKさんが自宅に来ていることが多くなりました。
 
 

もちろん、Kさんが来たときは私たちは変態セックスをしていて、その様子を後から彼氏に報告したり、セックスに途中で彼氏が帰ってくることもしばしばです。
 
 

彼氏によると、玄関開けていつもの男性用の靴があるのを確認すると、私のスケベな喘ぎ声が響いているんだとか。
 
 

そして、こっそりベッドルームを覗くと、私とKさんが裸で抱き合いながら、濃厚ディープキスをして愛し合っている姿を見て、こっそりオナニーしたり隠し撮りしているそうです。
 
 

Kさんとはお風呂も一緒に入り、同じベッドで寝ていて、彼氏は隣の部屋で寝るようになりましたが、毎晩のようにKさんとのセックスで私の激しい喘ぎ声を彼氏に聞こえさせています♡
 
 

彼氏も、たまに「今日は見学させてください♡」ってKさんにお願いし、Kさんは、「しょうがないなぁ~。今日は特別に見学だけだよ。YUIには触らないでよ♡」と言って、私も彼氏に、「そうよ~♡あなたのことは愛しているけど、見るだけね~♡」と言って、彼氏の寝取られ趣味をみんなで楽しんでいます。
 
 

いつもは、見ることも許可せずに声だけでオナニーさせてたりします。
 
 

Kさんとは野外露出の趣味も合うので、これからも彼氏やKさん、そして、たくさんの趣味の合う人たちとセックスを楽しんでいきたいと思います。
 
 

yui

yui

オナニー・セックス大好きな変態女子のYUIです。
オンラインでは公開しませんが、野外露出や公衆トイレオナニーも趣味でやっています。太った色白のハゲた変態中年男性が大好きなので、コメントお待ちしております。できるだけ返信しますね♡変態女子の皆さんもぜひコメントくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です