【セックスで中イキしたい!!】自分で開発する方法はこれ

中イキできない悩みを解決するサイトはたくさんありますけど、ここではセックスで中イキできるようになる練習方法についてお話します。
 

中イキするための方法:実践編

josei
 

中イキするために必要なこと、
 

男性にセックスを上手になってもらうこと

 

まずは自分で開発していく

 

この二つになります。
 

ステップ1:濡らす

 

まず、中イキする前には当たり前ですけど、濡れやすくしましょう。
 

要するに、いつでも膣内に挿入できる状態を作るっていうことです。
 

中で感じるためには、気持ちいいものが膣内に入らないと意味ないですもんね。
 

ここで大事なのは、エッチなことを想像したら濡れるっていう状態にできるようにしてみてくださいね。
 

入れられた時の快感を思い出したり、好きな人とのセックスの時のことを考えると、いいかもしれません。
 

想像だけで無理だったら、そのあとは指で刺激してもいいと思います。
 

とにかく濡れることがすべての始まりです。
 

エッチなことをいっぱい考えながら濡らしましょう♪
 

ステップ2:膣を刺激する

 

そして、濡らせたら、膣へ刺激を与えましょう。
 

膣への刺激方法は、3~4パターンあります。
 

圧迫

 

膣口をなぞる・こする

 

膣内に指を入れる

 

大きく分けるとこんな感じです。
 

アソコに指を入れないで、入口を圧迫して気持ちよくなる方法ですが、入れられそうで入れられないというエッチな気持ちを刺激するような方法です。
 

焦らされる喜びを感じたい人に特におすすめの方法です。
 

そして、膣内に指を入れる方法です。これは定番とも言えますけど、オナニー前には爪切りをお忘れなく。
 

愛液を使いながら、膣口付近をゆっくりじんわりなぞっていきましょう。
 

指を数本使いながらでもいいですし、一本の指でびらびらをなぞったりして、愛液の音でエッチな気分を盛り上げてもいいですし、楽しみ方の幅が広がります。
 

ただ、ここではまずは焦らしながら徐々に感度を上げていくので、いきなり指を膣内に入れるのはもう少し待ちましょう。
 

それから、できれば膣周辺に刺激を与えると同時にクリへの刺激も怠らずに続けてみましょう。
 

それから、膣周辺への刺激、クリへの刺激で徐々にエッチモード、感じやすいモードになってきたら、おそらく、早く入れたい!!ってなってくると思います。
 

ここで皆さん、一つ疑問点があると思います。
 

なんで中イキなのにクリトリスが関係あるの??
 

って思っていませんか??
 

クリトリスの刺激は確かに中イキには邪魔かもしれませんが、最初にお話ししたように、性的興奮は絶対に必要なんですよね。
 

なので、クリトリスへの刺激っていうのはあくまで、性的興奮を駆り立てる一つの要素に過ぎません。
 

このあと説明していますけど、ある程度までいくとクリトリスへの刺激はストップして膣のみへの刺激に変えていきましょう。
 

ステップ3:入れる

 

では、次は入れるです。
 

焦らしに焦らして、もう我慢できないという状態になったら、指を入れてみましょう。
 

それから、指を入れるときに、どんな体制がいいかもこだわってみましょう。
 

個人的には、M字開脚した状態で、壁にもたれてするとやりやすいと思いますよ。
 

それから、中イキをするために必要なこと、それは刺激したいポイントです。
 

膣の入口

 

膣内のお腹側

 

膣内の背中側

 

膣内の左右

 

膣奥の子宮口付近

 

この5つです。
 

この5つで気持ち良さを感じることができるといいでしょう。

 

特にGスポットや子宮口(ポルチオ)では、今まで感じたことのないような快感を味わうことができます。
 

ステップ4:Gスポットを刺激する

 

さっき少し触れましたが、Gスポットについて詳しくお話しします。
 

さて、そんなGスポットですが、皆さんどこにあるか知ってます??
 

なかなか初めての人や、男性に教えるのは難しいんですけど、簡単に言うと、はっきりした部位の名称じゃなくて、膣内にある性感帯(エリア)のことを言います。
 

このGスポットも性感帯スポットの一つで、膣に指を入れたすぐ手前くらいにあります。(あいまいな表現ですみません。)
 

女性の方は寝そべって、膝を立てた状態で股を開いて、中指を膣に入れてみてください。
 

そして、その中指の第2関節が入るか入らないかのところで、第1関節を曲げてみてください。
 

何かザラザラしたエリアがないですか??
 

ここがGスポットなんです。
 

ちなみに今指を入れている女性の方で、特に何も性的に興奮していない人、エッチな気分になっていない人、そもそもGスポットを開発されていない人って、おそらく何も感じないと思います。
 

このGスポットを開発して、性的に興奮した時に刺激してあげると、膣内でものすごい快感を得ることができます。
 

それから、さっき少しお話ししましたけど、Gスポットはピンポイントではなくて、エリア一帯なので、個人によってそのエリア内で感じるポイントは微妙に異なると思います。
 

基本的な刺激方法ですが、曲げた中指を小刻みに動かし、ザラザラ部分をくすぐるようなイメージです。
 

このとき注意が必要なのが、
 

爪をよく切っておくこと
 

あまり激しくこすりすぎないこと
 

です。
 

もし慣れてくれば、指の角度を変えずに手を動かすことにより、もっと圧迫感のある快感も味わえますけど、痛みを感じてしまわないように力加減には十分気をつけてやっていきましょう。
 

イメージとしては、強くなり過ぎないように大切な人にやさしくマッサージするような感じで、その気持ちいいポイントを押したり、やさしく前後左右へ小刻みに動かす感じです。
 

ちなみにここからは私のドイツ人の友達にアドバイスをもらった方法なのですが、ドイツ人女性は日本人女性と比較してイキやすいと思うので紹介しておきます。(ドイツ語の原文も一応念のため)
 

Wenn du den G-Punkt gefunden hast, beginne ihn zunächst mit einer „Komm her“-Bewegung deiner Finger ganz sanft zu massieren. Nutze zu Anfang erst mal nur einen Finger.

 

まあ、簡単に言うと、Gスポットを見つけたら、ヴァギナの外側へ向けて、クイクイって小刻みにソフトタッチで刺激し続けるってことが大事なんだとか。
 

大きく動かすのはNGとも言っていましたよ。
 

Wildes Reiben und große Bewegungen sind der falsche Weg. Mache lieber kleine Bewegungen und variiere mit dem Druck deiner Finger.
Mit der Zeit kannst du die Intensität langsam steigern und einen zweiten Finger hinzunehmen.

 

それから、激しい摩擦や大きな動きは間違った方法。優しく小刻みな指の動きで、時間をかけてゆっくりと刺激するのがいいとのことでした。
 

中イキの最高難度!ポルチオ性感帯を刺激する

woman

ポルチオ性感帯って言葉自体そんなに知らないっていう方もいるかもしれませんね。
 

ポルチオ性感帯って、とても分かりやすくいうと、膣の奥の方にある子宮の入り口付近の部位です。
 

大きなペニスを挿入してもらったことのある女性は経験あるかもしれないですけど、ペニスが膣内の奥の方に当たる感覚ってわかりますか??
 

そこって、とってもデリケートな場所ですけどすごく気持ちいいですよね。
 

そのあたり一帯をポルチオ性感帯って言います。
 

そのポルチオの場所ですが、Gスポットと違って、中指を奥までゆっくり入れていきます。
 

そうすると、奥の方でむにゅって感じの突起物がないですか?
 

そのあたりがポルチオです。
 

人によって場所も感覚も微妙に違うということではGスポットと同じです。
 

このポルチオ開発は、アダルトグッズを使ってオナニーするといいと思います。
 

男性がセックスで喜び、女性を求め続ける要因は、ずばり「女性のセックスのときの反応」です。
 

ポルチオ開発で、自分も男性もセックスで極上の快感が味わえますよ。
 

ただ、この場所は開発も難しいですし、人によっては痛みを感じることもあるくらいデリケートな場所なので、とにかく最初は優しく押すことからスタートさせましょう。
 

大きな動きはNGです。
 

ポルチオ性感帯の場所は膣の奥の子宮口のあたりのムニュってしたところですが、人によっては痛みを感じることもあるくらいデリケートな場所です。
 

なので、最初は優しくスタートさせましょう。
 

さて、その方法について賛否両論あると思いますけど、まずは、私的にはオナニーでポルチオ開発する際、クリトリスへの刺激も必要だと考えます。
 

その理由は、くどいですが、中イキ、特にポルチオイキには性的興奮が必要なんですよね。
 

さっきも言った通り、興奮をすることにより子宮口が下がり刺激しやすくなるから、クリを刺激することで性的興奮を盛り上げていきましょう。
 

外部的な刺激だけでは深いオーガズムは得られません。
 

そのために、クリトリスで感じて、エッチな気分を高めることが必要なので、私はクリトリスへの刺激が必要だと思っています。
 

でも、ポルチオ開発している最中にずっとクリトリスオナニーするのかというとそうではなく、クリトリスへの刺激はクリイキに達するまでではなく、その直前のエッチな気分になるまでです。
 

そこまで行けば、あとは、バイブやディルドでポルチオ性感帯を刺激し続けながら、開発を進めていきます。
 

大事なのは、脳にどこでどんな刺激を感じるか覚えさせること
 

です。
 

それから体位。
 

ポルチオ開発する際、セックスを意識する体位でオナニーするのがいいと思います。
 

なので、ポルチオ開発する際の体位ですけど、正常位で行ってみてください。
 

日常できる中イキ開発方法:膣を締める

woman

 

中イキをもっと気持ちよくする方法の一つとして、イク瞬間に膣に力を入れるという方法があります。
 

その力の入れ方を普段からしていると、オナニーのときもイク瞬間に無意識にできて、より気持ちいいオナニーができるかもしれません。
 

膣に力を入れるということは、そんなに難しいことじゃないですし、鍛え方も簡単なのでやってみましょう。
 

自分の力で膣圧をコントロールできるようになれば、セックスでもオナニーでもすっごく気持ちよくなれるので、中イキも夢ではありません。
 

さっそくですが、まず、姿勢を良くしましょう
 

背筋をのばした状態で、膣か肛門に力を入れるような感じで、グーっと膣を持ち上げるようにします。
 

わかりにくいかもしれないですが、もっとわかりやすく言うと、肛門をきゅっと締めるような感じで力を入れていくといいでしょう。
 

その締めるという動作をただ繰り返すだけです。
 

これを10回なので、10秒ほどで終わります。
 

ラストは、力を緩めずに締めたままで10数えてエクササイズ終了です。
 

これを一日に数セット繰り返しますけど、電車に乗っているときでも、家で台所にいるときでもできますよね。
 

さて、実は、もう一つ方法があります。
 

これも超簡単にできるエクササイズです。
 

これはなんと、トイレでおしっこをする際にするんです。
 

で、このおしっこエクササイズ、いったいどうやるのかというと、おしっこをしている途中でストップしてみるというものです。
 

でも実際に最初からおしっこを止めることが出来る人ってなかなかいないと思いますが、
 

「止めようとして力を入れる」

 

これをします。
 

トイレに行くたびにこれにトライしてみてください。
 

これができるようになっていけば、セックスの時に膣を締めたりすることが簡単にできるようになっていきます。
 

そして、自分が気持ちよくなるのにも役に立つので、是非試してみてくださいね。
 

日常できる中イキ開発方法:足の力の入れ方

legs
 

さて、お次は足の力の入れ方です。
 

実は私のブログ内で、足ピンオナニーは続けないほうがいいと言っていますけど、これはオナニーでこの方法に慣れすぎると本番のセックスでなかなかイキにくくなるからという理由からでした。
 

足をピンと伸ばした状態だとおちんちんが挿入できないですもんね。
 

でも、下半身に力を入れるというのは中イキには必要なことなので、一見矛盾するかもしれないけど、頭に入れて置いてほしいところです。
 

じゃあ、いったいどうやって力を入れるのがいいかと言うと、
 

正常位で足をカエルのように開いた状態で、ふくらはぎと足首に力を入れやすくする
 

ことで、イク瞬間に中イキしやすい状態を作り出すことができるんです。
 

皆さん、無意識レベルかもしれないけど、イクときって足に力が入らないですか??
 

足ピンオナニーがイキやすいのも足に力が入っているからですよね??
 

なので、これも理屈は同じです。
 

足に力を入れますけど、足の曲げ方が違うというだけです。
 

でも、足ピンオナニーに慣れすぎると、中イキしやすい体位である正常位のときになかなか力が入りにくいんですよね。
 

だから、私は足ピンオナニーを中イキまで目指すのであればNGと言っています。
 

そこで、正常位の時に股を開いた状態でも足に力を入れやすくして、中イキしやすくしましょうというのがここでの狙いです。
 

じゃあ、どんなことが日常できるのか紹介します。
 

それはズバリ、ふくらはぎを鍛える足首を鍛えるです。
 

でも鍛えると言っても、部活で徹底的に鍛えるというようなレベルではなく、例えば、通勤中や家事の最中にする程度で十分です。
 

まずはふくらはぎ。
 

立った状態で、背伸びをする要領でつま先立ちをして、かかとを持ち上げて下すという動作を繰り返します。
 

そうすると、ふくらはぎに力が入っているのがわかると思います。
 

これを暇な時間にやっておくと、普段運動しない人であればふくらはぎへの力の入れ方ができてくると思います。
 

そして、できるようになれば正常位の時にふくらはぎにのみ力を入れやすくなるでしょう。
 

これをいつでも自然にできるようになっておくと中イキが一気に近づきます。
 

それとは逆に、セックスで気持ちよくなってきているときに足の力の入れ方を考えながらだと、それが雑念となってオーガズムに近づきにくくなってしまいます。
 

無意識にできるようにしておきましょう。
 

それから足首。
 

足首をピンと伸ばすのも、足ピンオナニーのときにすでにできていると思いますけど、これを鍛える方法として、普段椅子に座っている状態で足首をピンと伸ばす動作を時間がある時にやってみましょう。
 

これも繰り返しやっておくと、いざ正常位のときに簡単にできると思います。
 

ただ、気を付けなくてはいけないのが、いきなり正常位本番でのセックスのときにこれらの動作に慣れない人がやってしまうと、足をつる可能性があるので、普段から、ふくらはぎと足首を鍛えて、正常位でこの体制で力を入れられるようにしておくことが大事です。
 

一番簡単な方法はマリンビーンズを使う

baibu

だらだらと中イキオナニーについてお話ししましたけど、一番手っ取り早い方法はアダルトグッズ、特にバイブを使うことです。
 

でも、私も別に仕事としてやっているわけではないので、
 

「何が何でもバイブだけは絶対に使いたくない!」
 

と心に決めている人にはこの方法はもちろんおすすめしません。
 

私のブログでバイブを紹介していますが、一番優秀なのは「ラブコスメのマリンビーンズ」です。
 

これさえあれば中イキ対策は万全です。
 

バイブは、
 

刺激が強いからやめたほうがいい
 

とか
 

機械に頼るのはちょっと
 

とか賛否両論ありますけど、中イキ開発にはバイブを使うのが一番早いですよ。
 

中イキ、特にポルチオ開発しようと思えば、膣内のポルチオ性感帯を最低でも数分以上、一定の刺激を与え続けないとなかなか気持ちよさを感じられるようにはなりません。
 

ポルチオ開発をセックスでやろうと思えば、セックスが上手な男性に数分間、腰を振り続けてもらわないといけません。
 

しかも自分が感じるポイントにピンポイントで。
 

これを相手に求めるのは酷じゃないですか?
 

これをやってくれる彼氏さんがいる方であればお願いしてもいいかもしれませんけど、バイブだと早いですよ。
 

このマリンビーンズは自分でポイントも刺激も変えられて、しかも機械なので疲れないので一定の刺激を与え続けられます。
 

baibu
 

そして、このマリンビーンズで中イキ開発できていれば、セックス中もっと感じられ、マンネリ化とは無縁のセックスライフが楽しめます。
 

(セックスでこのマリンビーンズを使ってもらうのもアリです!)
 

コンドームをこのマリンビーンズにかぶせれば、まさに勃起した本物のおちんちんのような柔らかみのある硬さで、濡れてさえいれば違和感なく挿入できて、バイブ使用による恐怖はありませんでした。
 

そして、振動も調整できて、膣内でのキュンキュンくるようなくすぐったさにも似た刺激を自分の感度に合わせられ、その快感ウェーブが全身に広がって、まるで、セックスがとても上手な男性の本物のおちんちんでイケたときのようなリアルなイキ方ができました。
 

バイブでこんなイキ方ができたのは、私の経験上、このマリンビーンズがダントツでした。
 

baibu
 

税込価格:4,190円  販売サイト:ラブコスメ
 

 

yui

yui

女性・恋愛ブログでライターやってます。yuiです。
少し前までは日本でOLしてましたが、窮屈な生活に疲弊して、今はブログをやりながら世界を転々としています。世界のエロに興味深々で、セックスやオナニーの気持良さを追求し続ける30代女子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!