【もっと舐めてほしい】簡単に激しくクンニされる方法とは??

なかなか自分からは頼みづらいクンニ。でもできることならもっと簡単に、そして、激しくクンニしてほしいもの。

今日はそんなクンニを存分に楽しむ方法についてお話します。

私もおまんこを舐められることが大好きで男性に激しく舐められるよういつも手入れは完璧にしています。

セックスをもっともっと楽しくしたい人、必見ですよ!!

クンニしてほしいけどなかなか頼めない・・・

woman

こんにちは。
 

いつもと違うセックスをしたいと思ってて、どうやったらもっと簡単にクンニをしてもらうことができるか研究し始めたYUIです。
 

クンニは女性としては恥ずかしいけど、最も彼氏に愛されていると感じる瞬間の一つです。
 

クンニって、自分の一番恥ずかしいところをまじまじと見られ、そんなところを舌でぺろぺろされて、気持ちよさと同時に羞恥心まで刺激されるとっても興奮する要素満載のセックスプレイの一つですよね。
 

そんなクンニ、すごく気持ちいいけど、セックスのときに彼氏に、
 

舐めて
 

ってなかなか頼みにくかったりします。
 

やっぱりデリケートゾーンは日ごろ手入れしていても、自分で自分の匂いを嗅ぐことってないし、生理前後ってすごい匂いがすることがあって、彼氏を完璧に萎えさせる展開にもなりかねません。
 

次回以降のセックスをもっと楽しくしようと思えば、匂いなんかで失敗するわけにはいきません。
 

でも、クンニのあの気持ちよささえ味わえば、もっといつもと違うセックスが経験できるはず。
 

そんなクンニを彼氏に頼まずに、自然にしてもらう方法があれば一番いいと思いますが、そんな方法を私YUIが試してみたので、クンニされたくてたまらない人は必見ですよ。
 

クンニされやすい人ってどんな人??

woman

クンニをされたい人がその方法を知る一番の近道、それはクンニされやすい人の特徴をつかむことです。
 

じゃあ一体、クンニされやすい人ってどんな人だと思いますか??
 

クンニされなくて欲求不満になっている人もいれば、いつも彼氏からの熱い舌使いで快感の渦に巻き込まれている人に分かれますよね??
 

クンニされやすい人はやっぱり他の人と違う、ある特徴があるんですよ。
 

そんな特徴をつかんでおいて、クンニを自分からお願いするのではなくて、できればセックスの自然の流れでしてもらえるようになれば最高です。
 

ではさっそくですが、クンニを簡単にしてもらえる人の特徴ってどんな感じか見てみましょう。
 

1:フェラチオ上手な女性

woman

ズバリ、セックスのときにフェラチオがとっても上手な女性はクンニされやすいです。
 

男性のペニスを生温かい舌で丁寧になぞり上げ、唾液いっぱいでべとべとにして、さらに緩急と強弱を絶妙なバランスでペニスを快感に導くフェラチオ。
 

これが上手であれば、セックスのマンネリ自体にも悩むことが少なくなるでしょう。
 

男性を思いっきり気持ちよくしてあげると、男性はもっと気持ちよくしてほしいと思うと同時に、女性の感じている姿をもっと見たいと思うようになります。
 

そうなると、シックスナインからの激しいクンニにつながっていきます。
 

まずは男性をフェラチオで気持ちよくさせやすい人がクンニされやすくなります。
 

 

2:喘ぎ声がセクシーで感じやすい女性

woman

そして、それと同時に、感じやすくて反応が素直な女性ならもっとクンニされやすいでしょう。
 

例えば、クンニされて激しく喘ぎ声を出すような女性。
 

男性にとってはたまらないでしょう。
 

なぜなら男性は本能的に女性を気持ちよくイカせようとします。
 

そして、自分の責めに好みの女性がオーガズムを感じようものなら、男性にとっては自信にもつながるし、もっとセックスでイカせようと張り切るし、もっと興奮して、マンネリセックスとは無縁のライフを送ることでしょう。
 

感度が素晴らしい女性はいろいろお得なことが多いですよ。
 

特にクリトリスを舐められ、そしていじられでもしたら、感じざるを得ないでしょう。
 

そんなときには決してガマンすることなく、本能の赴くままに喘ぎ声を出すと男性の心まで届いて、もっと気持ちいいクンニを続けてくれることでしょう。
 

 

3:恥ずかしがらない女性

woman

極端に恥ずかしがる女性は時に男性からビミョーに思われる可能性もあります。
 

でもここでの「恥ずかしがらない」とは、デリカシーがないという意味ではなく、官能的に、そして、美しくすべてをさらけ出すという意味で、股を開くのを恥ずかしがらずに、惜しげもなく、官能的に男性に広げたりすることです。
 

このようにしていると、男性からセックス中のプレイをためらわずに色々試してもらえるので、もちろんクンニもしてもらいやすくなります。
 

恥ずかしがらなければ、男性も遠慮せずにどんどんいろんなプレイを試そうとしてくるから、その波に乗りさえすれば、きっとクンニまでたどり着けることでしょう。
 

ちなみに男性陣の中には、
 

「クンニしたいけど、もしかしたら嫌がるかも・・・」
 

と思って遠慮している方も少なくありません。
 

きちんとアンダーヘアを手入れし、きちんと匂いケアまでしていることが前提で、セックスが盛り上がってきたときに激しいフェラチオをしてあげれば、きっとシックスナインやクンニまでしてくれるでしょう。
 

セックスも佳境を迎え、体も心も火照ってきて、純粋に気持ちよくなりたいと感じ始めたら、一切の恥じらいを捨てて、
 

「お〇んこ、舐めて~」
 

って思いっきり甘えて、ハッキリお願いしてみましょう。
 

さきほども言った通り、感じやすくて、オープンな女性はクンニをしてもらいやすいです。
 

そして、舐めてもらって気持ち良かったら、
 

「そこ~!!、気持ちいい~♡、もっと舐めて~♡」
 

と恥ずかしがらずに言うといいでしょう。
 

もっと気持ちよくしてくれるはずです。
 

もっと簡単に激しくクンニされるには??

woman

さて、フェラチオなんて苦手でそんなにすぐに上手になる自信がない人にとって、もっと簡単に、そして激しくしてもらうための方法があります。
 

それは、クンニ用のアダルトグッズを使うことです。
 

アダルトグッズを使うことに抵抗のない男性であれば、これらのアダルトグッズを使うことでもっとクンニしてくれやすくなることでしょう。
 

でも、その前にアソコのにおいケアをした上で、次のグッズを使ってみましょう。
 

1:ラブシロップを使う

shiroppu

ラブコスメのラブシロップ。
 

これは本来、フェラチオが苦手な女性のために男性のペニスに塗ってフェラをするというグッズですが、これを女性にも使ってみるという方法です。
 

このシロップはラブコスメで発売されていて、男性のペニスにつけてフェラチオします。
 

ローションのようにヌルヌルしますが、不思議とこれ、ベトベトしないんです。
 

そして、はちみつのように甘く、フェラチオの味が苦手な人用に作られているのですが、これをクンニにも応用できるわけです。。
 

男性に自分のアソコに塗ってもらい、そのままアソコをペロペロとクンニしてもらうと、自分はヌルヌルする上にペロペロしてもらい、男性ははちみつの美味しい味が楽しめ、さらに女性も大喜びのすごい代物なんですよ。
 

ちなみに、食パンに塗ってもおいしいほどです(笑)
 

一応食品という位置づけになっているようなので、賞味期限があります。
 

男性の皆さんは女性とともに開封後はお早めにお召し上がりください(笑)
 


 



 

2:ヌレヌレを使う


 

ラブコスメのヌレヌレ、ご存知ですか??
 

これは本来キスをするときにキスの味が変わるというものですが、これをアソコに塗って使う方法です。
 

ラブシロップほどじゃないですけど、アソコがマスカットとかヌレヌレの味に変わり、クンニの味がまたまたおいしくなり、男性の激しいクンニが続くって方法です。
 

ただ、この方法には一つ弱点があります。
 

それは、このヌレヌレはリップであるということ、つまり、一度アソコに塗ったら次回以降はリップとして使うのはちょっとビミョーな感じ・・・・・。
 

クンニ用とキス用とで分けて使う方法がいいかもしれませんね。
 

3:リビドーロゼをアンダーヘアにつける

libidorose

これは本来男性を誘惑するための香水なのですが、この香水をあえてアソコに吹きかける使い方をします。
 

このリビドーロゼはキイチゴの匂いがして、男性を興奮させる効果があるものとされていますが、これをアソコに吹きかけておくと、その匂いの元へと顔を近づけ、そのままクンニしてもらおうという作戦です。
 

男性は女子の良い匂いに弱い傾向があると思うので、この作戦でそのままクンニにまで発展することでしょう。
 

 

そんな私はというと・・・?

woman

そんな私はと言うと、やっぱり激しくクンニしてほしいという願望を常に持っていて、セックスのときのプレイ中に必ず男性に、
 

「私のおまんこ舐めてください♡」
 

とお願いしています。
 

このブログでも言っていますが、私はかなりのドMなので、男性に従順なエッチな女子に変身してしまうのです。
 

なので、いろんな男性とのセックスでもすごく興奮してもらえますし、おまんこのにおいケアさえしておけば、激しくクンニしてくれます。
 

そんなクンニのときは、私は恥ずかしさのかけらもなく、本当に「もっと~♡激しくおまんこ舐めてくださ~い♡」と男性に懇願していますよ。
 

しかも私の場合は、実はおまんこの毛がまったくない、いわゆるパイパンなのでとっても舐めやすく、衛生的ですよ。
 

ただ、私は今までいろんな男性とのセックスを重ねてきたり、オナニーをいつも激しくしているので、正直に言うと、恥ずかしいですが色は黒いです・・・。
 

もし見たいという方がいれば見せてあげたい気持ちはあるのですが、実際に見せるわけにはいかないので想像でガマンしてくださいね。(まあいないか・・・)
 

今まで数多くの男性におまんこを舐めてもらってきましたが、パイパンにしてからは激しさがとっても増しましたし、ケアもしやすくなりましたよ。
 

(オマンコの色の割には匂いは臭くないとよく言われます。)
 

クンニされやすいってことはチンポを入れやすいマンコだと思います。
 

クンニされやすくなれば、あとは思いっきり勃起したチンポを入れてもらって気持ちいいセックスを楽しみましょうね。
 

yui

yui

女性・恋愛ブログでライターやってます。yuiです。
少し前までは日本でOLしてましたが、窮屈な生活に疲弊して、今はブログをやりながら世界を転々としています。世界のエロに興味深々で、セックスやオナニーの気持良さを追求し続ける30代女子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!