中イキの方法まとめ!私が中イキ女子になった方法

オナニーやセックスでクリイキできる人はいても、意外と難しいのが中イキ。
 

中イキを経験できる女性って、意外と少ないんですよね。
 

私も実は20代半ばまでは本当の中イキは経験できていませんでした。
 

クリトリスで満足していましたが、中イキはクリイキとは全然違っていたので、正直「もっと早く覚えておけばよかった~・・・」
 

と思っていた時期がありました。
 

中イキって、よく友達同士でも話題になりますが、本当に頭の中が真っ白になります。
 

そして気持ちよすぎて、その反応に男性も大興奮なんだとか・・・。
 

今日は中イキできなかった私が中イキできるようになった方法を紹介したいと思います。
 

中イキに関する興味深いアンケート

woman
 

ここで興味深いデータを紹介します。
 

中イキできる回数に関するものです。
 

1位 0回 33%
2位 1~2回 22%
3位 5~7回 17%
4位 3~4回 10%
5位 8~9回 9%
6位 毎回 8%
7位 12回 1%

 

2006年のデータですけど、コンドームメーカーのデュレックスによる世界最大規模のセックスに関する女性を対象にしたアンケートで、オーガズムの頻度を聞いているものですが、(回答者は26か国・2万6032人、インターネットで実施)、それによれば、女性で「毎回オーガズムに達する」のは、
 

世界平均が32%なのに対して、日本人の女性は11%にとどまっています。
 

ただ、年齢と各国それぞれ何人の方が回答したかまではわからないので何とも言えないですが、パーセンテージだけを見ると、26か国のうち日本は26位だったようです。(1位はメキシコで51%)
 

引用:https://joshi-spa.jp/32962
 

まあ、もちろんセックスするときはお相手のセックスの上手さもありますし、そのときの体調もあったりすると思うのですけどね。
 

中イキできない理由を考える

sex
 

中イキをしたくてもできない、そして、そもそも中イキができない理由がわからないという女の子も少なくないはずです。
 

そんな中イキできない理由を知れば、きっと中イキできる方法も見えてくるかもしれませんね。
 

私が中イキ女子になったステップとして、まずは中イキできなかった理由を考えました。
 

ここでは中イキできない理由をいくつかピックアップするので、中イキできる方法を見つけられるヒントになればと思います。
 

1:性感帯の開発が不十分

 

オナニーのとき、クリトリスオナニーだけで済ませていませんか?
 

そもそもセックスをする機会がない女性にとっては、性感帯を刺激する機会はもはやオナニーのみ。
 

クリトリスオナニーだけで済ませていれば、中イキできるまでのそのほかの性感帯の開発が不十分なので、それが中イキできない理由かもしれません。
 

一般的に中イキはGスポットやポルチオ(膣内の奥のあたり)でオーガズムを感じることを言いますが、これらで気持ち良さを感じるには開発が必要です。
 

2:性的興奮が足りていない

 

クリトリスオナニーの場合、リラックスした状態でクリトリスをいじっていると、それなりに感じてきて快感を得ることができる人は多いでしょう。
 

ただ、中イキとなると、これは自論ですが、性的興奮が足りていないとGスポットポルチオでは快感を感じにくいかもしれません。
 

セックスでもオナニーでも、頭の中がエッチなことでいっぱいにすることで、イキ方も変わってきます。
 

「物理的な刺激」「興奮」で中イキは近づくことでしょう。
 

3:前戯が足りていない

 

セックスに限った話になるかもしれませんが、手っ取り早くセックスを済ませようとする男性も少なくないのでは?
 

前戯が必要な理由として、先ほどの興奮が足りていないというのと関係があるんですけど、前戯というのは女性の性的興奮を掻き立てるためのウォーミングアップ的なものなので、前戯には十分時間をかけたほうがいいでしょう。
 

中イキできるようになる方法は??

josei
 

さっきお話しした内容と関連して、中イキするために必要なこと、
 

男性にセックスを上手になってもらうこと

 

オナニーで自分で開発していく

 

この二つになります。
 

今日は、オナニーで自分で中イキしていくための開発方法を中心にお話ししていきますね。
 

中イキ方法1:濡らす

 

まず、中イキする前には当たり前ですけど、濡れやすくしておいたほうがいいでしょう。
 

要するに、いつでも膣内に挿入できる状態を作るっていうことです。
 

中イキするためには、気持ちいいものが膣内に入らないと意味ないですもんね。
 

ここで大事なのは、エッチなことを想像したら濡れるっていう状態にできるようにしてみてくださいね。
 

できればローションのようなものに頼らずに濡れることがベターでしょう。
 

入れられた時の快感を思い出したり、好きな人のペニスが入ってきた時のことを考えると、いいかもしれません。

 

想像だけで無理だったら、そのあとは指で刺激してもいいと思います。
 

とにかく濡れることがすべての始まりです。
 

エッチなことをいっぱい考えながら濡らしましょう♪
 

そして、濡らせたら、膣へ刺激を与えましょう。
 

膣への刺激方法は、3~4パターンあります。
 

圧迫

 

膣口をなぞる・こする

 

膣内に指を入れる

 

大きく分けるとこんな感じです。
 

アソコに指を入れないで、入口を圧迫して気持ちよくなる方法ですが、入れられそうで入れられないというエッチな気持ちを刺激するような方法です。
 

焦らされる喜びを感じたい人に特におすすめの方法です。
 

そして、膣内に指を入れる方法です。これは定番とも言えますけど、オナニー前には爪切りをお忘れなく。
 

ちなみに、中イキオナニーしている最中のアソコを鏡で見たことってありますか??
 

恥ずかしくて見ていない人にはぜひ見てもらいたいです。
 

なぜかと言うと、自分のアソコがとってもエッチな状態になっていて、視覚的にも興奮するからですよ。
 

クリトリスを十分刺激し終わったときに見ると、ビラビラが開いて、アソコもぱっくり開いて、男性のペニスをウェルカム状態になっているんです。
 

もちろん愛液の分泌もあって、早くほしい感じになっています。
 

そんなときはもうチャンスですよね。
 

愛液を使いながら、膣口付近をゆっくりじんわりなぞっていきましょう。
 

指を数本使いながらでもいいですし、一本の指でびらびらをなぞったりして、愛液の音でエッチな気分に拍車をかけてもいいですし、楽しみ方の幅が広がります。
 

ただ、ここではまずは焦らしながら徐々に感度を上げていくので、いきなり指を膣内に入れるのはもう少し待ちましょう。
 

それから、できれば膣周辺に刺激を与えると同時にクリトリスへの刺激も怠らずに続けてみましょう。
 

膣内で感じにくい人は特にクリトリスへの刺激は重要です。
 

それから、膣周辺への刺激、クリトリスへの刺激で徐々にエッチモード、感じやすいモードになってきたら、おそらく、早く入れたい!!ってなってくると思います。
 

中イキ方法2:入れる

 

では、次は入れるです。
 

焦らしに焦らして、もう我慢できないという状態になったら、自分へのご褒美として、指を入れてみましょう。
 

それから、指を入れるときに、どんな体制がいいかもこだわってみましょう。
 

個人的には、M字開脚した状態で、壁にもたれてするとやりやすいと思いますよ。
 

それから、中イキをするために必要なこと、それは刺激したいポイントです。
 

膣の入口

 

膣内のお腹側

 

膣内の背中側

 

膣内の左右

 

膣奥の子宮口付近

 

この5つです。
 

この5つで気持ち良さを感じることができれば、セックスやオナニーがとっても気持ちよく感じられます。
 

特にGスポットや子宮口(ポルチオ)では、今まで感じたことのないようなとても気持ちいい快感を味わうことができます。
 

中イキ方法3:Gスポットの刺激方法

 

さっき少し触れましたが、Gスポットについて詳しくお話しします。
 

クリトリスと同じくらいよく知られた言葉で、あまりエッチなことに興味がない人でも知っているほどじゃないですか??
 

さて、Gスポットですが、皆さんどこにあるか知ってます??
 

なかなか初めての人や、男性に教えるのは難しいんですけど、簡単に言うと、クリトリスのようなはっきりした部位の名称じゃなくて、膣内にある性感帯(エリア)のことを言います。
 

このGスポットもクリトリスと同じように、性感帯スポットの一つで、膣に指を入れたすぐ手前くらいにあります。(あいまいな表現ですみません。)
 

女性の方は寝そべって、膝を立てた状態で股を開いて、中指を膣に入れてみてください。
 

そして、その中指の第2関節が入るか入らないかのところで、第1関節を曲げてみてください。
 

何かザラザラしたエリアじゃないですか??
 

ここがGスポットなんです。
 

ちなみに今指を入れている女性の方で、特に何も性的に興奮していない人、エッチな気分になっていない人、そもそもGスポットを開発されていない人って、おそらく何も感じないと思います。
 

このGスポットを開発して、性的に興奮した時に刺激してあげると、膣内でものすごい快感を得ることができます。
 

中イキもできるようになるはずです。
 

それから、さっき少しお話ししましたけど、Gスポットはピンポイントではなくて、エリア一帯なので、個人によってそのエリア内で感じるポイントは微妙に異なると思います。
 

そのエリアをオナニーのときに刺激してあげると、どこかで自分が「ここだ!」っていう場所がわかってくるので、そこを刺激してあげましょうね。
 

そうすると、中イキできるようになっていくと思います。
 

方法としては、片方の手でクリトリスを、そしてもう片方の手でGスポットを刺激していきます。
 

指を入れたら、痛くならないように最初はゆっくり、そして、徐々にこねくり回す範囲を広げながら、前後左右に動かしてみましょう。
 

クリトリスで感じながらだと、感覚も徐々に研ぎ澄まされて気持ちよくなってきます。
 

指一本で物足りなくなってきたら、2本入れてみるなど、工夫もしていきましょうね。
 

それから、ここでちょっとしたポイントですが、何かを膣に入れると、それを出し入れしたくなってくると思います。
 

でも、出し入れするよりむしろ、もし、少しでも膣内で気持ちいいと思う部分があれば、そこを押すということに集中してみましょう。
 

イメージとしては、強くなり過ぎないように大切な人にやさしくマッサージするような感じで、その気持ちいいポイントを押したり、やさしく前後左右へ動かす感じです。
 

それを繰り返していると気持ちいいポイントをだんだん覚えてくると思います。
 

それに加えて、クリトリスへの刺激も続けているうちに徐々にイキそうになってくると思います。
 

イク寸前になると、クリトリスへの刺激を止めて、膣のみを刺激し続けます。
 

そして、その膣への刺激で気持ちよくなっていると思って、そのままフィニッシュすることを繰り返してみてください。

中イキ方法4:ポルチオ性感帯を開発する

 

ポルチオ性感帯って言葉自体そんなに知らないっていう方もいるかもしれませんね。
 

ポルチオ性感帯って、とても分かりやすくいうと、膣の奥の方にある子宮の入り口付近の部位です。
 

大きなペニスを挿入してもらったことのある女性は経験あるかもしれないですけど、ペニスが膣内の奥の方に当たる感覚ってわかりますか??
 

そこって、すごく気持ちいいですよね。
 

そのあたり一帯をポルチオ性感帯って言います。
 

このポルチオ性感帯は女性が一番感じるところとも言われていて、セックスでもオナニーでも気持良さのあまり体全体がビクビクするときが来ますよね。
 

オナニーは自分でコントロールできるからあまりないかもしれないけど、セックスのときって本当に上手な男性のときって、エクスタシーで全身の力が抜けた後、頭の中が一気に真っ白になりませんか?
 

ポルチオを刺激されると、女として生まれてきて本当によかったっていう気持良さが味わえますよ。
 

そのポルチオの場所ですが、Gスポットと違って、中指を奥までゆっくり入れていきます。
 

そうすると、奥の方でむにゅって感じの突起物がないですか?
 

そのあたりがポルチオです。
 

人によって場所も感覚も微妙に違うということではGスポットと同じです。
 

このポルチオ開発は、バイブディルドを使ってオナニーするといいと思います。
 

でも、ポルチオでイクのは最高難度とも言われているくらい難しいので、まずはGスポットでイケるようになってからでいいでしょう。
 

男性がセックスで喜び、女性を求め続ける要因は、ずばり「女性のセックスのときの反応」です。
 

ポルチオ開発で、自分も男性もセックスで極上の快感が味わえますよ。
 

中イキをもっと気持ちよくする方法

woman

 

中イキをもっと気持ちよくする方法の一つとして、イク瞬間に膣に力を入れるという方法があります。
 

その力の入れ方を普段からしていると、オナニーのときもイク瞬間に無意識にできて、より気持ちいいオナニーができるかもしれません。
 

膣に力を入れるということは、そんなに難しいことじゃないですし、鍛え方も簡単なのでやってみましょう。
 

自分の力で膣圧をコントロールできるようになれば、セックスでもオナニーでもすっごく気持ちよくなれるので、中イキも夢ではありません。
 

さっそくですが、まず、姿勢を良くしましょう
 

背筋をのばした状態で、膣か肛門に力を入れるような感じで、グーっと膣を持ち上げるようにします。
 

わかりにくいかもしれないですが、もっとわかりやすく言うと、肛門をきゅっと締めるような感じで力を入れていくといいでしょう。
 

その締めるという動作をただ繰り返すだけです。
 

これを10回なので、10秒ほどで終わります。
 

ラストは、力を緩めずに締めたままで10数えてエクササイズ終了です。
 

これを一日に数セット繰り返しますけど、電車に乗っているときでも、家で台所にいるときでもできますよね。
 

さて、実は、もう一つ方法があります。
 

これも超簡単にできるエクササイズです。
 

これはなんと、トイレでおしっこをする際にするんです。
 

で、このおしっこエクササイズ、いったいどうやるのかというと、おしっこをしている途中でストップしてみるというものです。
 

でも実際に最初からおしっこを止めることが出来る人ってなかなかいないと思いますが、
 

「止めようとして力を入れる」

 

これをします。
 

トイレに行くたびにこれにトライしてみてください。
 

これができるようになっていけば、セックスの時に膣を締めたりすることが簡単にできるようになっていきます。
 

そして、自分が気持ちよくなるのにも役に立つので、是非試してみてくださいね。
 

ただ、むりやりやりすぎないようにしましょうね。
 

気持ちいい中イキオナニー:応用編

woman
 

ここからは中イキもできるようになるかもしれない、バイブオナニーを劇的に気持ちよくする6つの方法を紹介します。
 

ちょっと工夫するだけでとっても気持ちよくなりますよ。
 

1:穴あき下着を着けてバイブオナニー

よくショップに行くと思わず顔が赤くなってしまいそうな、総レースの派手な色の穴あきTバックってありますよね??
 

これを使います。
 

特に、こんな下着を見ただけで恥ずかしい気分になるような方におすすめの方法です。
 

無意識レベルの話なので、ちょっとわかりにくいかもしれないですけど、  
 

「性的な恥ずかしさ」と「性的な興奮」

ってほんと紙一重ですよね?
 

例えば、性的な恥ずかしさを感じているものに、自分のエロスイッチが反応したときって、「こんなに恥ずかしいことをしている自分に興奮してる」って思うことないですか??
 

まさにこれで、超恥ずかしい穴あきTバックショーツを穿いて、超恥ずかしいブラをつけたまま、バイブオナニーをします。
 

いつもと違う下着でのオナニーなので、とっても興奮してきますよ。
 

できれば鏡の前でしてみると興奮します。
 

2:ローション風呂バイブオナニー

バスタブの中にローション風呂の素を入れてお風呂をローションにします。
 

そのあとは裸になってそのお風呂に入ります。
 

入った瞬間、アソコがキュンキュンするような気持ち良さに包まれて、アソコを触りながらオナニーしてみてください。
 

できればおっぱいも。
 

初めての人は今まで経験したことがない快感に包まれることでしょう。
 

そして、体がヌルヌルの状態で一度バスタブから出て、今度は防水加工のバイブでオナニーしてみてください。
 

誰かに後ろから触られたりすることなどできるだけエッチなことを考えながら、ローションまみれの乳首を触り、おっぱいも揉みながら・・・。
 

そしたら、ローションだけじゃなくて、溢れ出る愛液でもヌルヌルになったアソコに超気持ちいいバイブを入れて、スイッチオンにしてみてください。
 

そうなるとお風呂場が気持ちいい声が響き渡ると思いますよ。
 

このオナニーも私は月に何回かやりますけど、セックスとは違った別次元の快感がそこにあります。
 

ローションの素
ローションの素

価格:1,480円(税込み1,598円) 販売サイト:NLS
 

3:バックの体位でさらにイキやすく

中イキ初心者にとっては、M字開脚でバイブを使うと中イキしやすいですが、中イキに慣れてきた人は、少し体位を変えてみましょう。
 

基本的に女性の体位がバックだと、男性がペニスを挿入した時の密着度が高くなります。
 

つまり、オナニーの時にバックの体位で中イキに慣れておけば、セックスの本番でもバックでより気持ちよくなります。
 

なので、オナニーは四つん這いになり、膝を肩幅程度に広げ、頭を低めに、そして、お尻を突き出すような体制で、後ろからバイブを挿入します。
 

できれば、挿入したバイブを上から、斜め下の方向へ押すような動きをすれば、Gスポット付近を刺激できます。
 

個人差はあると思うので、絶妙な体位を見つけ、徹底的にGスポットを狙い撃ちしましょう。
 

とっても気持ちいいですよ。
 

4:パイパンにする

これは少し勇気がいるかもしれませんが、一度パイパンにしてしまえばすごく気持ちいいですよ。
 

私が住んでいるヨーロッパではほとんど男女ともにパイパンです。
 

逆に毛があると、混浴サウナとかで変な目で見られます。(ドイツはほぼ9割以上混浴です。)
 

私の場合、ドイツに住み始めたころからパイパンにし、そこからずっと毛は剃っています。
 

パイパンにすると、バイブオナニーのとき毛が絡みませんし、ローションが毛に混じることもないし、そして、何と言ってもバイブがアソコに入っているところがとてもエロく見えてすっごく興奮しますよ。
 

おまけに清潔も保てますし、メリットだらけです。
 

5:鏡の前でバイブオナニーする

特にパイパンにした人が使うともっと興奮するかもしれません。
 

鏡の前で大股広げて、少し薄暗い部屋でバイブオナニーすると、そこに自分のとっても卑猥な姿が見られてとっても興奮します。
 

このときにエッチな下着を着けているともっと興奮するでしょう。
 

6:ノーパン・ミニスカートでバイブオナニーする

あえて服を着て、めくれやすいミニスカートを履いて、ノーパン状態でバイブオナニーします。
 

それを鏡の前で、扇風機などでめくれやすい状態にしたままにすると、見られたい願望がある人にとって、とても気持ちいいオナニーとなるでしょう。
 

よくコスプレショップにあるような制服ですると興奮しますよ。
 

7:とにかく焦らす

気持ちいい中イキオナニーの超応用編ということで、一体何が違うのかという話ですが、簡単に言うと、意識を少しだけ変えることです。
 

ここで意識を変えるということとは、とても簡単なことですが、できるだけ焦らすということです。
 

すっかり濡れてしまって、アソコもぱっくり開いて、ペニスをウェルカム状態になっていても、まだ何も入れません。
 

ここでできるだけ我慢して焦らしましょう。
 

この焦らすという行為ですが、身近な例で言うと、お腹が空いていればいるほど、一口目のごはんがとってもおいしく感じるというものです。(言うまでもないかもしれないですが)
 

そして、焦らすに焦らしていくと、アソコが徐々に熱く感じてくると思います。
 

それから、愛液の分泌も、アソコのヒクヒク感もすごいことになってくると思いますけど、まだまだ何も入れてはいけません。
 

入れたくて入れたくてたまらなくなってきてから腰がくねくねなり始めてからようやく入れましょう。
 

我慢に我慢を重ね、もう限界が訪れてから入れてみてください。
 

その状態での挿入感、本当にたまりません!!!!!!!!
 

特にバイブやディルドの場合だと、すっごくエッチな声が出てきそうになります。
 

まずは焦らしオナニーをやってみてくださいね。
 

私が手っ取り早く中イキ女子になれた方法

baibu
 

最後に、私が手っ取り早く中イキ女子になれた方法です。
 

中イキにはいろんな方法がありますけど、私の場合はバイブのお世話になりました。
 

その理由としては、女性用のオナニーのグッズとしてのバイブは、タイプとしてクリバイブがついているものも多く、クリバイブ付きのバイブであれば、クリトリスを刺激しながら、バイブのサオ部分で膣内も刺激することができるので、あまり疲れずに効率よく、同時に重要ポイントを攻め続けることができるからです。
 

中イキできるようになるための開発方法として有効なのは、クリトリスオナニーしながら膣内を刺激し続けることなので、クリトリスを刺激できるグッズを使いながら、膣内にも継続して刺激を与え続けることができるようにオナニーしましょう。
 

キーワードは、クリトリスと膣内を同時に刺激です。
 

それから、ちょっとした応用技ですが、できるだけ恥ずかしいカッコでオナニーすると気持ちがノッテくるという効果で中イキしやすくなりますよ。
 

要するに、エッチな気分になると、興奮しやすく、イキやすいということです。
 

まとめると、
 

クリトリスと膣内を同時に刺激し続けること

 

手っ取り早い方法としてクリバイブ付きのバイブを使うこと

 

なるべくエッチな恰好でオナニーすること

 

オナニーの時にこれを繰り返していると、私の場合、簡単に中イキできるようになりました。
 

ちなみに私が中イキにおすすめするのはこの「アントワープ」というバイブです。
 

baibu
 

理由は、クリバイブ付きで、サオ部分もパールが回転して膣壁を刺激して、さらに、Gスポットを刺激しやすいように先端が絶妙にカーブして、そして、スイングも調整できて、値段も手ごろなので、超おすすめです。
 

音もそこまでうるさくはないです。
 

価格:1,780円(税別) 販売サイト:NLS
 


 

まとめ

今日は中イキ方法についてオナニーを中心にお話ししました。
 

クリトリスオナニーと違って、徐々に開発していって、最終的にはすっごく気持ちいいオナニー、そして、セックスへとつながっていくと思います。
 

yui

yui

女性・恋愛ブログでライターやってます。yuiです。
少し前までは日本でOLしてましたが、窮屈な生活に疲弊して、今はブログをやりながら世界を転々としています。世界のエロに興味深々で、セックスやオナニーの気持良さを追求し続ける30代女子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!