【知らなきゃ損】女性が思わずオナニーしたくなる驚きのメリットとは??

女性はオナニーという言葉に対して、「いやらしい」、「恥ずかしくて言えない」、「恥ずかしくてとてもできない」、「罪悪感がある」などいろんなイメージを持っていると思いますが、実は女性の魅力を引き出すメリットがたくさんあるって知っていましたか?
 

ここでは女性が思わずオナニーしたくなってしまう驚きのメリットを紹介します。
 

女性オナニーは自分磨きのため

onnanoko
 

オナニーって、抵抗はありつつも気持ち良くて、またしてしまったってことありますよね。
 

ただ、気持ちいいけど、意識が邪魔して気持ちよくなれなかったり、そもそもいやらしことはしちゃいけないって小さいころから言われ続けたから、
 

なんとなく終わった後に罪悪感を感じて自分を責めてしまっていませんか?
 

それとか、
 

エッチなことは結婚してからしかしちゃいけないって小さいころから言われてたりしたら、無意識のうちにそんな考え方が刷り込まれて、一人で隠れてするにしても、

オナニーするのに抵抗感が生まれますよね
 

オナニーはいやらしい男がすることだから
 

いやらしい人間がすることと同じことをするのは嫌だ
 

オナニーっていやらしい行為だから、そんな人間になりたくない
 

こんないやらしいことしたらエッチな女であるということを自分で認めてしまうことになる
 

なんて考え方をもっている方は多いと思いますし、私も実際、昔はそう思ってました。
 

オナニーが好きな女だって思われたらどんな目で見られることか・・・。
 

でも、そんなオナニーですが、実はほとんどの女性が経験済みなんです
 

後の方に詳しく書きましたが、雑誌「anan」の女性オナニーについてアンケートでは100人中73人がオナニーをしていると答えています。
 

実は、自分で「”オナニーしたことがある”とは言ったことがないけど、本当はしたことがある」いう女性がほとんどだったんですね!
 

私もあなたもおかしな女性じゃなかったわけです!

 

といっても私はこんなブログを書いてる時点でおかしな女性なんですが・・・(笑)
 

でも、オナニーは本当に全身のリラックスができるので、意識を切り替えてイケるようになると
 

ストレス解消にもつながります。

 

やはりストレスの原因は欲求不満です。
 

特に性欲は人間の三大欲求の一つで、抑え込もうとしてもどこかでそのしわ寄せが来てしまい、
 

それがストレスとなって様々なところへ影響してきます。
 

そのうえ、現代女性は仕事のストレス、人間関係のストレスなどのストレスで日々、常に緊張してしまっているのです。
 

あなたは今日、全身の力を抜いて何もかも忘れてリラックスした時間を過ごしましたか??
 

きっと、ほとんどの女性は、「そんな全身の力を抜いてリラックスする時間なんてない」って答えるんじゃないかと思います。
 

botan

常にみんな「あれやらなきゃ。これやらなきゃ」と頑張っているんです。
 

そんな、あなたの今日一日頑張った身体と心と脳から、オナニーすることで緊張を取り除いてあげるのです。
 

オナニーが終わったあと、全身の力が抜けて、知らない間に寝てしまったなんてこともあるかと思いますが、
 

そんな風に、あなたのガンバリ過ぎている身体と心と脳を休ませてあげる作業なんですね。
 

それに、オナニーは一人でするものです。

onnnanoko

一人でいるときまで清楚にしていないといけないことなんてありませんし、誰も見ていません。
 

そこで気持ちよくなってからイキイキした自分を手に入れたら、
 

毎日がすがすがしいですよね。
 

また、オナニーは確かに気持ち良さを得るためにするものですが、
 

本当は自分磨きのためにするものとしてとても重要なものなんです。
 

オナニーをするタイプの女性にはいろんな方がいると思います。
 

  1. なかなかパートナーが求めてくれない人
  2. パートナーが遠く離れていて寂しい人
  3. パートナーがいないからセックスできない人
  4. オナニーが気持ち良すぎて日課になっている人

 

オナニーはいろんなタイプの方のニーズを満たすことができるので、
 

だれにも迷惑をかけずに気持ちよくなれるとてもいい方法だと思います。
 

オナニーのメリットは??

onnanoko

ここではオナニーのメリットについて紹介していきたいと思います。
 

先ほど少しだけ触れましたが、気持ち良さを得ることもとっても大事ですが、
 

あくまでオナニーは自分磨きのため
 

のものなのです。
 

オナニーは魅力的な女性になるためのエクササイズととらえると変な気持ちにならずに本当に楽しめると思いますよ♪
 

ストレス解消

josei

オナニーは方法によってはセックスよりも気持ちよくなることができます。
 

もちろん性欲を抑えるのは大変です。
 

さらにそれを解消する手段がない人にとってはストレスになります。
 

これを解消できるのはリフレッシュすることですが、時間がない人、ストレス解消手段がわからない人など様々です。
 

そこで一番手っ取り早いのはオナニーです。
 

特に道具を使ったオナニーです。とても気持ちが良く、おすすめの方法の一つです。
 

道具を使ったオナニーを経験した女性の中には、
 

いくらやっても妊娠しないからいくらでも気持ちよくなれる
 

自分が気持ちよくなりたいときにいつでも気持ちよくなれる
 

男性を気持ちよくさせなくていいので楽
 

人間にはできない動きをするおもちゃを使うと本当に快感
 

などの意見を持っている方もいます。
 

さらに、道具を使えば、もっと気持ちよくなれるし、中イキも経験できるようになるかもしれません。
 

個人的には、「中イキ」はクリトリスでイク「外イキ」よりも気持ちいいと思いますし、「中イキ」ができるようになったら、セックスがとても気持ち良くなりますよ♪
 

他には道具を使って、
 

自分の膣で感じる場所が開発されて、彼氏と一緒にイケるようになった

 

という女性は多く、やっぱり自分の性感帯を知ることは大切だなと思う今日この頃です。
 

いつでも気持ちよくなれれば、いいですよね♪
 

>>>【こんなに気持ちよかったの!?】アレを使うともっと気持ちよくイケるかも!?

 

セックスのときに男性の攻めに自然に反応しやすくなる

woman

日ごろのオナニーで、本番のセックスを意識しながらオナニーするとすれば、やっぱり喘ぎ声じゃないでしょうか??

男性がセックスのときに重視しているのは女性の反応である場合が多いです。

つまり、日ごろのオナニーで自然に反応して、自然に出てくるセクシーな喘ぎ声で男性をもっと興奮させることもできるかもしれません。

なので、オナニーのときにセクシーな喘ぎ声を常に意識しておくと、本番のセックスのときに自然なセクシーな反応ができるかもしれないですね。

オナニーはある意味、セックスのための練習と言えるかもしれません。

男性オナニーのデメリットは??

onnanoko

メリットがあれば、デメリットもあります。
 

ここも気になるところですよね。
 

まずは、男性のオナニーやりすぎによるデメリットはこちらです。
 

1:膣内射精が上手にできなくなる

これは間違ったオナニーを長年続けているとこの膣内射精障害というものを
 

もたらすことがあるようです。
 

これはどういうことかというと、強い刺激でイクことに慣れてしまうと、
 

女性の膣内で刺激が物足りずに起こってしまうことです。
 

男性にはこのデメリットがあります。
 

2:清潔にしなければ尿道炎のリスクがある

オナニーのときに汚い手や汚い道具でしてしまうと、
 

尿道から雑菌が入り、炎症を起こしてしまうリスクがあるというものです。
 

女性オナニーのデメリットは?

josei

男性のオナニーのやりすぎ、注意が必要かもしれません。
 

男性にはこれだけのデメリットがありますが、一方で女性はどうでしょう。
 

なんと、
 

女性のオナニーのデメリットは!!!
 

ありません!!
 

気をつけるべきこととしては、
 

不潔な道具を使わない
 

とか
 

乱暴にオナニーしない
 

悪いことをしていると自分を責めない
 

ということで、とにかくオナニーを楽しみましょう♪
 

楽しめば楽しむほど、メリットはたくさんありますよ(^^♪

あなた以外の女性のオナニー事情

onnanoko

みんなどれくらいの頻度でオナニーをしているのか気になるかもしれませんが、
 

数年前の女性向け雑誌「anan」の「みんなのSEX、わたしのSEX」というコーナーで、オナニーについてのアンケートが実施されました。
 

このときの対象者は「anan」の読者で、人数は1070人でした。
 

それによると、
 

オナニーすると答えた女性は73パーセント、オナニーしたことないけどしてみたい女性が7パーセントでした。
 

つまり、
 

1070人中856人がオナニーが好き
 

ということになります。
 

それから、オナニーの頻度ですが、
 

毎日       : 7%
2~3日に1回   : 25%
週1回      : 28%
2週に1回    : 19%
月に1回     : 11%
 

毎日オナニーする女性は1070人中100人程度いるという計算になります。
 

つまり、10人に1人は毎日オナニーしているということになります。
 

なので、いつもランチに一緒に行くあなたの同僚や友達、そして町ですれ違う女性も数人に一人は週に複数回オナニーをしているのです。
 

ここまでくると、もう全然恥ずかしいことではありません。
 

さらにオナニーのときに道具を使うかどうかという質問では、
 

いつも使う女性:10パーセント
 

たまに使う女性:19パーセント
 

となっていて、このアンケートで人数を計算すると、
 

1070人中320人
 

日常的におもちゃを使用したオナニーをしていることになります。
 

意外にもこの数字の大きさに驚いてしまいそうですが、本当にふつうのことですね。
 

街ですれ違う約3人に1人の女性は
 

大人のおもちゃでオナニーしているということになります。
 

botan
 

まだまだあった!?オナニーのメリット

josei
 

さて、くどいようですが、まだまだオナニーのメリットを紹介します。
 

それは、女性がオナニーの時間帯を工夫することで、意外なメリットがあるかもしれないという話です。
 

私もオナニーの時間帯を工夫するだけで、ある習慣をやめることができました。
 

それは何かというと、夜食です。
 

そして、そんなときにちょっと工夫しようかと思ったのが、オナニーの時間帯です。
 

オナニーの時間帯を見直せば、それが改善できるかなって考えたわけです。
 

これはどんなことをするかというと、そんなに難しいことはなく、次に挙げるような人がメリットがあるんじゃないかと思います。
 

まとめると、
 

夜のおやつなどが体重アップの原因の人

夜更かしばかりして不規則な生活が肥満の原因の人

夜はテレビを見ておやつを食べて寝る人

 

こんなタイプの人には効果的だと思います。
 

さて、では実際にはどんなことをするのか具体的に話すとします。
 

その前に、なぜ私がこの方法をしようとしたかですが、私は以前別の記事でも書いていますけど、水商売などで不規則な生活ばかり送っていましたが、とうとう体を壊し水商売をやめました。
 

そこで、見直すべきは食生活だと思い、夜の食事の量を減らそうと思って、ダイエットをすることにしました。
 

まず、最初の難関が、
 

どうやったらおやつや食事を抑えられるか
 

でした。
 

夜中心の生活だった私はとにかく夜におやつを食べたりする習慣が染みついていて、けっこうお腹もポッコリしていて、セックスのときも少しタプタプしていたほどでした。
 

そこで、私は自分のあるクセに気付いたのです。
 

それは、オナニーです。

私はほぼ毎日のようにオナニーをしていて、それはほとんど夜寝る前っていうのが多かったんです。
 

オナニー終わった後って、なんかホッとして、リラックスしませんか??
 

特に女性は一気に力が抜けて、そのままおやすみってパターン多くないですか??
 

私はそこに注目してみました。
 

つまり、オナニーをして、そのまま寝ることで、夜食をとらなくてもいいようにしたのです。
 

もちろんオナニーしている時間は食事のことなんか考えていませんし、オナニーが終われば、リラックスして眠るっていうパターンです。
 

そうすることで、夜に余計なものを食べなくていいので、結果として減量にもつながりました。
 

これがほぼ毎日続いたので、結果として、夜食はやめることができて、かつ、オナニーで、すっごく気持ちよくなり、ストレスも解消できて、理想の生活を実現できることに成功できました。
 

オナニーによるカロリー消費というより、オナニーによる食生活の改善に成功しました。
 

とっても簡単なので皆さんも試してみてくださいね。
 

ここでのポイントは、オナニー前には歯を磨いておくことと、オナニー前は寝る準備万端にしておくことです。
 

オナニーが終わったら、あとはぐっすり休みましょうね。
 

それから、最後に。
 

もっと気持ちよくなる方法としてはやっぱりバイブなどのアダルトグッズを使うと、いつものオナニーとは違った気持ち良さを味わうことができるかもしれません。
 

もし、バイブに興味があっても、どれがいいのかわからない人は、こちらで私が実際につかってみて気持ちいいバイブを紹介しているので参考にしてみてくださいね。
 

関連記事はこちら

オナニーのメリットを意識しながらオナニーすると、もっとキレイを実感できるかも♪

↓ ↓ ↓

yui

yui

女性・恋愛ブログでライターやってます。yuiです。
少し前までは日本でOLしてましたが、窮屈な生活に疲弊して、今はブログをやりながら世界を転々としています。世界のエロに興味深々で、セックスやオナニーの気持良さを追求し続ける30代女子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!